FIFA18の実戦で使えるフォーメーション4-1-2-1-2(2)のおすすめカスタム戦術

日本国内や海外の強豪FIFAプレイヤーが設定しているフォーメーション別のおすすめカスタム戦術をまとめたので紹介します。

フォーメーションによって戦い方も違いますので自分の使っているフォーメーションではどのような戦術設定をしているのかを比較参考してみてください。

今回は以前から人気の根強い4-1-2-1-2(2)のおすすめカスタム戦術の紹介です。

MEMO
日本国内や海外の強豪FIFAプレイヤーの設定を真似てみてしっくりきた設定を自分なりに微調整するのがオススメです。

最後にカスタム戦術の各設定項目の解説も記載しているので、これを参考に自分の理想のサッカーを再現しましょう!

kimkimさんのカスタム戦術

kimkimさんのカスタム戦術

kimkimさんの解説動画はこちら

KRASIさんのカスタム戦術

KRASIさんのカスタム戦術

KRASIさんの解説動画はこちら

Ovvyさんのカスタム戦術

Ovvyさんのカスタム戦術

Ovvyさんの解説動画はこちら

Y5Kさんのカスタム戦術

Y5Kさんのカスタム戦術

Y5Kさんの解説動画はこちら

InceptionXxさんのカスタム戦術

InceptionXxさんのカスタム戦術

InceptionXxさんの解説動画はこちら

Facu UTさんのカスタム戦術

Facu UTさんのカスタム戦術

Facu UTさんの解説動画はこちら

SAM Yさんのカスタム戦術

SAM Yさんのカスタム戦術

SAM Yさんの解説動画はこちら

ViTal Remaさんのカスタム戦術

ViTal Remaさんのカスタム戦術

ViTal Remaさんの解説動画はこちら

以上がFIFA18プレイヤーのカスタム戦術設定でした。

カスタム戦術設定の解説

以下はカスタム戦術についてどう変更すると各選手はどう動くのかを解説したものになります。

ビルドアップ

スピード

攻撃のスピード。
守備から攻撃に移った際の意識。

遅い
ゆっくりとビルドアップします。ディフェンスラインでパスを回したり、バックパスを行います。

バランス
バランス重視、選手の判断に任せます。

速い
とにかく早くボールを前に運ぼうとします。

パス

パスの長さ&ボールホルダーに対するサポート。
ビルドアップ時に使用するパスの種類。

ショート
ショートで繋いで崩しにかかります。

ミックス
距離にこだわらず長短のパスを使います。

ロング
ロングパスを多用します。
ポストプレイヤーを狙ったり、相手の裏を狙って放り込みます。

ポジショニング

選手の動きの自由度。
ビルドアップ時のポジショニング。

組織重視
自分のポジション(ゾーン)を重視します。

自由度重視
選手は自分の判断を尊重して動きます。

チャンスメイク

パス

スルーパスの傾向・頻度。

セーフティー
ポゼッションを重視し、チャレンジパスは控えます。

ノーマル
バランス重視、選手の判断に任せます。

リスキー
チャンスがあればスルーパスを狙います。

クロス

クロスの傾向・頻度。

少ない
中央からの崩しを基本に考えます。

ノーマル
バランス重視、選手の判断に任せます。

多い
サイドからのクロスを基本に考えます。

シュート

シュートの傾向・頻度。

少ない
確実なチャンス以外はシュートをしません。
ロングシュートは滅多に狙いません。

ノーマル
バランス重視、選手の判断に任せます。

多い
とにかくシュートを狙っていきます。
ロングレンジも積極的に狙っていきます。

ポジショニング

FW及びMFの自由度。

組織重視
自分のポジション(ゾーン)を重視します。

自由度重視
頻繁にポジションをチェンジします。

ディフェンス

プレッシャー

ディフェンスライン&プレスの高さ。

深い
自陣ペナルティエリア前でのディフェンス、FWもディフェンスに加わります。

ノーマル
選手の判断に任せます。

高い
ディフェンスラインは高く、全体で高い位置でのプレスを行います。
FWは相手ディフェンダーに対してプレスを掛けます。

積極性

タックルへの傾向。

囲い込み
厳しいタックルは控えます。
体力的な消耗は少なめになります。

プレス
バランス重視、選手の判断に任せます。

ダブル
厳しく寄せていきます。
積極的に相手を過去見に行きます。

エリア

ディフェンス時のポジショニングエリア。

中央
ピッチ中央のディフェンスを重視します。

ノーマル
特にエリアを重視しません。

ワイド
両サイドのディフェンスを重視します。

ディフェンスライン

ディフェンス・オフサイドトラップ。

カバー
オフサイドトラップは仕掛けませんが、選手は常にお互いをカバーするようなポジションを取ります。

トラップ
ディフェンスラインをフラットに保ち、随時オフサイドトラップを心がけます。

FIFA18の実戦で使えるフォーメーション4-1-2-1-2(2)のおすすめカスタム戦術まとめ

このページではFIFA18の実戦で使えるフォーメーション4-1-2-1-2(2)のおすすめカスタム戦術について書きました。

今回の各プレイヤーのカスタム戦術を元に自分なりのカスタム戦術にブラッシュアップしていってくださいね。

また役割設定では選手への指示をする設定もあります。

これも組み合わせることで攻撃的にいくのか・守備的にいくのかに影響を与えるのでこちらも積極的に設定しておきましょう!