FIFA18 プレミアの各チームで設定されているデフォルト戦術と条件一覧

FIFA18において戦術と条件の設定を変更するだけで違うサッカーが楽しめるのもFIFA18の面白い要素のひとつです。

バルサのようなパスサッカーもいいし、ドルトムントのようなショートカウンターがしたいという想いはみんなあると思います。

今回はFIFA18でデフォルトで設定されている各リーグのビッグクラブ限定でどんなフォーメーション・条件・戦術になっているのか紹介したいと思います。

ぜひ自分の好きなサッカーをするチームの戦術と役割を参考にオリジナルの戦術を試してみてくださいね。

注意
初期設定になっている条件は記載していません。
初期設定ではない役割のみ記載しています。

プレミアリーグ

マンチェスター・ユナイテッド

Manchester united member

マンチェスター・ユナイテッドのフォーメーション

4-2-3-1(ワイド)

マンチェスター・ユナイテッドの条件

ストライカー条件
アタッキングラン(ターゲットマン)

攻撃的MF条件
フリーポジショニング(自由に動く)

左ウイング条件
サポートラン(積極的には上がらない)

右ウイング条件
サポートラン(裏に抜ける)

右フルバック条件
アタッキングラン(常にオーバーラップ)

マンチェスター・ユナイテッドの戦術

マンチェスター・ユナイテッドの戦術

チェルシー

チェルシーのフォーメーション

5-2-3

チェルシーの条件

ストライカー条件
サポートラン(中央に留まる)

左ウイング条件
チャンスメイク(中へ切り込む)

右ウイング条件
チャンスメイク(中へ切り込む)

左フルバック条件
アタッキングラン(常にオーバーラップ)

右フルバック条件
アタッキングラン(常にオーバーラップ)

チェルシーの戦術

チェルシーの戦術

アーセナル

アーセナル

アーセナルのフォーメーション

5-2-3

アーセナルの条件

ストライカー条件
アタッキングラン(フォルス9)

左ウイング条件
チャンスメイク(中へ切り込む)

右ウイング条件
チャンスメイク(中へ切り込む)

左CMF条件
アタッキングサポート(攻撃時に上がらない)

右CMF条件
アタッキングサポート(前に行く)

左フルバック条件
アタッキングラン(常にオーバーラップ)

右フルバック条件
アタッキングラン(常にオーバーラップ)

アーセナルの戦術

アーセナルの戦術

マンチェスター・シティ

マンチェスター・シティ

マンチェスター・シティのフォーメーション

5-3-2

マンチェスター・シティの条件

左CMF条件
アタッキングサポート(前に行く)
フリーポジショニング(自由に動く)

中央CMF条件
アタッキングサポート(攻撃時に上がらない)

右CMF条件
アタッキングサポート(前に行く)
フリーポジショニング(自由に動く)

左フルバック条件
アタッキングラン(常にオーバーラップ)

右フルバック条件
アタッキングラン(常にオーバーラップ)

マンチェスター・シティの戦術

マンチェスター・シティの戦術

リバプール

リバプール

リバプールのフォーメーション

4-3-3ホールディング

リバプールの条件

ストライカー条件
ディフェンスプレス(バックラインにプレス)

左ウイング条件
サポートラン(裏に抜ける)

右ウイング条件
サポートラン(裏に抜ける)

左CMF条件
フリーポジショニング(自由に動く)

左フルバック条件
アタッキングラン(常にオーバーラップ)

右フルバック条件
アタッキングラン(常にオーバーラップ)

リバプールの戦術

リバプールの戦術

トッテナム・ホットスパー

トッテナム・ホットスパー

トッテナム・ホットスパーのフォーメーション

4-2-3-1ワイド

トッテナム・ホットスパーの条件

ストライカー条件
ディフェンスプレス(バックラインにプレス)

攻撃的MF条件
ディフェンスサポート(前線を張る)
クロス時のサポート(クロスに合わせてペナルティエリアに入る)

右ウイング条件
サポートラン(積極的には上がらない)

右守備的MF条件
アタッキングサポート(攻撃時に上がらない)

右フルバック条件
アタッキングラン(常にオーバーラップ)

トッテナム・ホットスパーの戦術

トッテナム・ホットスパーの戦術

FIFA18 プレミアの各チームで設定されているデフォルト戦術と条件一覧まとめ

この記事ではFIFA18 プレミアの各チームで設定されているデフォルト戦術と条件一覧について書きました。

戦術と条件を変更するだけでボールを持っていない選手の動きが劇的に変わります。

各クラブの設定を参考に自分なりの常勝できる設定を研究しましょう!

コメントを残す