[C]FIFA18ロシアワールドカップモードの12の公式スタジアムまとめ

ABOUTこの記事をかいた人

大阪生まれ大阪育ちの生粋な関西人。30代でフロントエンジニアやってます。WEB系やサッカー・ゲームの話題・美味しくて安い居酒屋やハシゴ酒が大好き。気軽にフォローをポチッと押してね♪

FIFA18ロシアワールドカップモードの無料アップデートに含まれているのがロシアワールドカップで実際に使用される12のスタジアムです。

全て実名なのでワールドカップ期間中はワールドカップモードで実際のスタジアムの雰囲気がFIFA18の中でも楽しめます。

そんなロシアワールドカップモードで追加される12の公式スタジアムを画像付きで紹介したいと思います。

また日本代表がグループリーグで実際に戦うスタジアムも含まれているのでそのスタジアムにはマークを付けています。
ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

LUZHNIKI STADIUM(モスクワ)

NewImage
収容人員: 80000

2018ワールドカップ決勝の舞台であるLuzhniki Stadiumは、ロシア代表チームのホームであり、普段は国内カップ戦の決勝が行われます。モスクワ川周辺の起伏のある草地に位置する巨大なスタジアムは、様々なスポーツに使用される総合施設の一部です。

SAINT PETERSBURG STADIUM(サンクト・ペテルブルク)

NewImage

収容人員: 67000

トーナメントで最も新しい会場の一つであり、ロシア西部のSaint Petersburg Stadiumには、当初「宇宙船」というタイトルがつけられた総合デザインである、開閉式の屋根があります。ワールドカップや他の国際試合以外のSaint Petersburg Stadiumは、ロシアのクラブ、ゼニト・サンクトペテルブルクのホームとして使用されます。

FISHT STADIUM(ソチ)

NewImage
収容人員: 48000

2014年冬季オリンピックの屋内競技場として建設されたFishtは、ワールドカップや他の屋外スポーツのため、2016年に再オープンしました。

EKATERINBURG ARENA(エカテリンブルク)

NewImage
収容人員: 35000

check日本代表対セネガル戦の試合予定スタジアムです。

元々は1957年に建設されましたが、2度にわたり改修されました。最近の改修は、ワールドカップ会場に組み込まれたことによるものです。Ekaterinburgは今回のワールドカップで最も東にあるスタジアムで、収容人数は2番目に少ない35696人です。

KAZAN ARENA(カザン)

NewImage

収容人員: 45000

ロシア・プレミアリーグの有力チーム、ルビン・カザンのホームであるKazan Arenaは、欧州最大の屋外LEDスクリーンを備えています。

NIZHNY NOVGOROD STADIUM(ニジニ・ノヴゴロド)

NewImage

収容人員: 45000

ワールドカップのために建設された最新会場であるNizhny Novgorod Stadiumは、スウェーデンと韓国の試合がこけら落としとなります。しかし、大会後はすぐにロシアのチーム、FKオリンピエツ・ニジニ・ノヴゴロドがこのスタジアムをホームにする予定です。

ROSTOV ARENA(ロストフ・ナ・ドヌ)

NewImage
収容人員: 45000

風光明媚なドン川沿いに位置するこの新築スタジアムは、ピッチだけでなく川や街の他の部分の様々な景色を眺めるように編成された座席を備えています。ワールドカップ終了後は、FCロストフがこのスタジアムをホームにします。

SAMARA ARENA(サマーラ)

NewImage
収容人員: 45568

こちらも宇宙船をテーマにして設計された、公開されたばかりのスタジアムであるSamara Arenaは、ほぼ外観全体に並ぶライトのおかげで夜に見ると壮観です。クリリヤ・ソヴェトフ・サマーラが、秋にこの素晴らしい新会場を幸運にもホームにする予定です。

MORDOVIA ARENA(サランスク)

NewImage

収容人員: 45000

check日本代表対コロンビア戦の試合予定スタジアムです。

この色鮮やかな楕円形の競技場は建設に10年近くかかり、当初はモルドヴィアの人々を称えるために設計、建設されました。将来的にはFCモルドヴィアのホームとなり、それ以外にも地域の重要なスポーツイベントを数多く開催することになりそうです。

VOLGOGRAD ARENA(ヴォルゴグラード)

NewImage

収容人員: 45000

check日本代表対ポーランド戦の試合予定スタジアムです。

ヴォルゴグラードの旧スタジアム跡地に建設されたVolgograd Arenaは、天井が多くのスタジアムのように内側ではなく、外側に開いた独特の設計です。外観も変わっており、夜にライトアップされると花火のように見える支柱があります。屋根は自転車のスポークのように見える設計で、内側から見るとより大きく開放的に感じられます。ワールドカップ後はロートル・ヴォルゴグラードのホームとなる予定です。

SPARTAK STADIUM(モスクワ)

NewImage
収容人員: 45000

モスクワ2つ目のワールドカップ会場は2014年に建設され、ロシアで最も成功している人気チームの一つ、スパルタク・モスクワのホームスタジアムとなりました。外見は多くのひし形のパネルで構成され、普段はスパルタクの赤と白ですが、別のイベントでは他の色に変わることもあります。

KALININGRAD STADIUM(カリーニングラード)

NewImage

収容人員: 35000

収容人数では今大会最小の会場となるKaliningrad Stadiumは、街を流れるプレゴリャ川のオクチャブリスキー島にあります。ミュンヘンのアリアンツ・アリーナをベースにした設計で、大会後はバルチカ・カリーニングラードの拠点となります。

以上がFIFA18ロシアワールドカップモードの12の公式スタジアムまとめとなります。

クラウド
あなたの気になったスタジアムはありましたか?

個人的には宇宙船をテーマにして設計されたサマーラが気になるところです。
どのスタジアムもきっと実際に行ったらナイトゲームの興奮を高めてくれる雰囲気のいいスタジアムなんでしょうね!








モンハンワールド(MHW)完全攻略ガイド

MHWに関するさまざまな情報を日々更新中!
MHWについて知りたくなったらここをチェック!



FIFA18完全攻略ガイド

FIFA18に関するさまざまな情報を日々更新中!
FIFA18について知りたくなったらここをチェック!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪生まれ大阪育ちの生粋な関西人。30代でフロントエンジニアやってます。WEB系やサッカー・ゲームの話題・美味しくて安い居酒屋やハシゴ酒が大好き。気軽にフォローをポチッと押してね♪