[C]これでもう容量を気にしない。iphoneで撮った写真や動画を自宅サーバーに自動アップロードする方法

iPhoneで撮った写真・動画を自動アップロードする方法
iPhoneで写真や動画を撮っているとついつい空き容量を圧迫して動作を遅くする原因になってしまいますよね。

そこでクラウドが実践しているiPhoneで撮った写真や動画を自動で自宅のサーバーにアップロードする方法を紹介したいと思います。

どうも、クラウドです。

iPhone本体にはできる限りいらない写真や動画を置いておきたくないですよね。

理想は必要な時だけ必要な画像や動画、さらには音楽データを自分のサーバーからダウンロードする。

いわゆる自分だけのクラウド環境。

そんな環境を作ることができるのでご紹介。

まず用意するものがバッファローのTeraStationもしくはLinkStation

そしてiPhoneアプリ「Web Access i」

WebAccess i WebAccess i
価格: 無料
カテゴリ: エンターテインメント
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする

 

『Web Access i』というのは実はバッファローが作ったアプリでTeraStation・LinkStation用のアプリとして配布されているんですよ。

さらにiPad版アプリもありますよ。

WebAccess i HD WebAccess i HD
価格: 無料
カテゴリ: エンターテインメント, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする

 

設定方法

まずはアプリをダウンロードしてLinkStation・TeraStationとの接続の設定を行います。
接続後は外出時にもLinkStationやTeraStationにアクセスすることができます。

そして画像と動画に関してはアプリ内で自動アップロードの設定を行います。
Web Access i画面1
ポイントは青枠の自動アップロードという項目。

ここでの設定をすることでiPhoneで撮影した写真や動画が自動でTeraStation・LinkStationにアップロードできるんです。

Web Access i画面2
詳細設定ではさらにアップロードに関する細かい設定が可能です。

Web Access i画面3

詳細設定では下記の設定ができます。

通信方法
Wifiのみ・Wifi,3G両方のどちらかを選択。
スケジュール
設定なし・5分・10分・15分の中から選択
検出ネットワーク
特定の回線の時だけアップロードする
外部電源時のみ
ONだと外部電源時のみアップロードする
保存先フォルダ
TeraStation・LinkStationでの保存先のフォルダを設定

以上で設定は完了です。

クラウドのちょっとひと言

これで写真や動画を撮って自動でアップロードする環境は整いました。ただこれだけだと自動でアップロードするだけでiPhone自体にはデータが残ったままになります。

現在は定期的にiPhone側でアップロードされた画像や動画を削除しています。
自動的にアップロードした画像などを削除するような仕組みがあれば教えて頂きたいです。

by カエレバ

 

by カエレバ

 

WebAccess i WebAccess i
価格: 無料
カテゴリ: エンターテインメント
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする

 

WebAccess i HD WebAccess i HD
価格: 無料
カテゴリ: エンターテインメント, 仕事効率化
App Storeで詳細を見る

アプリをダウンロードする

 

ではまた気が向いたら他のクラウドの記事をぜひ読んでみてくださいね。

コメントを残す