[C]堺筋本町にある麺屋やまひでで台湾まぜそば初体験!

堺筋本町駅近くにある麺屋やまひでで台湾まぜそばを初体験してきました。

台湾まぜそばとは?という説明や台湾まぜそばを食べてみた感想を書きたいと思います。

台湾まぜそばとは

実は台湾まぜそばって名古屋めしの一種なんですね。

知らなかった!

台湾ミンチ(鷹の爪とニンニクを効かせた醤油味のピリ辛ミンチ)を極太麺に乗せた、汁無し麺の一種である。代表的な具は台湾ミンチ、生の刻んだニラ・ネギ、魚粉、卵黄。好みでおろしニンニクを入れ、よくかき混ぜて食べる。通常の麺だと汁が無いので具が絡まりづらいため、あえてざるの中で麺の表面を傷つけ、絡みやすくしているのも特徴。提供される店舗によっては「追い飯(おいめし)」と呼ばれる、麺を食べきった後に丼に残る台湾ミンチやタレに白めしを投入するサービスがある。

引用元:台湾まぜそば – Wikipedia

説明を想像しただけで間違いなく美味しそうですね。

麺屋やまひでの外観

雑居ビルの1Fにある麺屋やまひで。

入店するとまず自動販売機で食券を購入することになります。

当然台湾まぜそばの食券を渡してオーダー。

「にんにく入れますか?」と聞かれたので入れてもらいました。

接客の方や営業の方なんかは入れないほうがいいかも。

きちんと僕みたいな台湾まぜそば初心者にはありがたい説明書き。

お酢を入れると味わいが変わると書いてあるのでやってみたい!

こっちはラーメンの説明書き。

麺屋やまひでの台湾まぜそば

来ました!

台湾まぜそば!

ウィキペディアに書いていた卵黄に台湾ミンチ、ニラ、ネギ、魚粉に刻んだにんにくが入っていますよ。

見栄えは凄い美味しそう。

グチャグチャっと混ぜてみるとこんな感じ。

凄いスパイシーな匂いが。

食べてみると卵でマイルドになっているかと思いきやなかなかの辛さ!

色々な薬味が入っていてやみつきになる辛さ。麺もモチモチして美味しさを食べごたえがあります。

ただ個人的に辛かったので早めにお酢を入れてみると味がマイルドになって食べやすい!

台湾まぜそばの追い飯

麺を食べ切ったあとに追い飯をオーダー。

追い飯自体は無料で写真ぐらいのご飯を入れてくれます。

これで残った台湾ミンチや具とご飯をかき混ぜて食べると台湾まぜそばをあますことなく味わえます。

クラウドのつぶやき

初めての台湾まぜそば。

あまり麺類を食べない方なんですがこれなら食べたくなりますね。

カレーと同じで夏バテ防止やガッツリご飯をの時にはいいチョイスのランチになるんじゃないでしょうか。

コメントを残す