[C]弓の使い方と特徴 – モンハンワールド(MHW)

ABOUTこの記事をかいた人

大阪生まれ大阪育ちの生粋な関西人。30代でフロントエンジニアやってます。WEB系やサッカー・ゲームの話題・美味しくて安い居酒屋やハシゴ酒が大好き。気軽にフォローをポチッと押してね♪

モンハンワールド(MHW)での弓の使い方と特徴・基本アクション操作、さらには攻撃のおすすめコンボを紹介しています。

「弓ってどんな武器なの?」
「どう使えばいいのか?」

という初心者やモンハンワールド(MHW)で復帰する方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

弓の特徴

弓の特徴

弾数が無制限

弾数が無制限

弓の矢はライトボウガンやヘビィボウガンと違って無制限に矢を打つことができます。

ただし通常の攻撃に加えて属性攻撃や付加攻撃をすることができるビンに関しては使用できる制限があります。

近・中・長距離と戦える距離の幅が広い

近・中・長距離と戦える距離の幅が広い

弓は遠い距離から安全に立ち回りすることができ、近距離でも接撃ビンを使って攻撃も可能なのでモンスターによって柔軟に攻撃スタイルを変えることができるのが特徴です。

スタミナ管理が必要

弓で繰り出す様々な攻撃や技にはスタミナが必要になるので、スタミナ消費をその都度、意識しながら立ち回る必要があります。

ガード不可

弓ではモンスターの攻撃をガードすることができません。

そのためモンスターから攻撃を受けないように立ち回る必要があります。

弓の基本アクション操作

ボタンアクション
L2照準
R2溜め射撃
溜め撃ち
○特殊射撃
L2押したまま☓チャージステップ
△+○竜の一矢
△ビンの装着/解除
L3+△or☓ビンの選択
R2溜め中に○曲射
射撃後素早く○剛射

弓の注意点

弓には攻撃をするための適正距離があるのでその適性距離を保って攻撃することでダメージを効率よく与えることができます。

モンスターへの照準が(↓)になっていると適正距離内です。

弓の適正距離内

ただしモンスターへの照準が(↓)になっていると適正距離外となるので与えるダメージが劇的に減ります。

弓の適正距離外

適正距離内だと照準が二重線、適正距離外だと一重線になるので覚えておきましょう。

弓のおすすめコンボ

基本コンボ

基本コンボ
チャージステップ→溜め撃ち→竜の一矢→以下「繰り返し」
L2押したまま☓R2で力を溜めてから→△+○

チャージステップすると力溜めが一段階上がるので素早く力溜めすることができ、そのまま2段階以上溜めていき、竜の一矢を当てるのが基本コンボとなります。

竜の一矢のダメージ事前の力溜めの段階が上がれば上がるほどダメージも上がります。

また竜の一矢は貫通攻撃になるのでできるだけ貫通による多段ヒットの狙いやすい位置(尻尾から頭方向もしくは頭から尻尾方向)から攻撃するのがオススメです。

ただし竜の一矢は一度コマンドを入れるとキャンセルできないので、被弾しないようなタイミングで打つように心がけましょう!

基本コンボ(状態異常系ビン使用時)

クイックショット→剛射
○○

状態異常(麻痺や睡眠)などにさせるにはヒット数が大事なのでビンを装着して、クイックショットと剛射でヒット数を稼ぎましょう!

以上がモンハンワールド(MHW)の弓の使い方と特徴となります。

クラウド
弓は前作からがらりと仕様が大きく変わった武器なので今一度頭に入れておきましょう。

今回の弓ではチャージステップをいかにうまく使ってスタミナを管理するのかがうまく立ち回る鍵じゃないかと思います。








FIFA19完全攻略ガイド


FIFA19に関するさまざまな情報を日々更新中!
FIFA19について知りたくなったらここをチェック!



FIFA18完全攻略ガイド


FIFA18に関するさまざまな情報を日々更新中!
FIFA18について知りたくなったらここをチェック!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪生まれ大阪育ちの生粋な関西人。30代でフロントエンジニアやってます。WEB系やサッカー・ゲームの話題・美味しくて安い居酒屋やハシゴ酒が大好き。気軽にフォローをポチッと押してね♪