[C]ハンマーの使い方と特徴 – モンハンワールド(MHW)

ABOUTこの記事をかいた人

大阪生まれ大阪育ちの生粋な関西人。30代でフロントエンジニアやってます。WEB系やサッカー・ゲームの話題・美味しくて安い居酒屋やハシゴ酒が大好き。気軽にフォローをポチッと押してね♪

モンハンワールド(MHW)でのハンマーの使い方と特徴・基本アクション操作、さらには攻撃のおすすめコンボを紹介しています。

「ハンマーってどんな武器なの?」
「どう使えばいいのか?」

という初心者やモンハンワールド(MHW)で復帰する方はぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

ハンマーの特徴

ハンマー

ハンマーの特徴は俊敏性、リーチ、ガードを犠牲にした攻撃力です。

ハンマーの特徴

大剣に次いで高い威力の一撃を恐ろしい手数で叩き込めることができるのがハンマーの最大の特徴です。

その割に、操作がシンプルで取り回しやすく、初心者でも扱いやすいのも魅力。

モンスターの頭を攻撃して気絶ダウンを狙える

モンスターの頭を攻撃して気絶ダウンさせる

全攻撃が打撃属性モンスターのスタン値とスタミナを大きく削れるので、マルチプレイでの貢献度は非常に高いです。

ただハンマーはリーチの短さから密着しないと攻撃が当たらず、その攻撃自体も大振りでモーションも大きいだけに被弾が大きいです。

さらに頭の打撃に強い、もしくは頭部が高くて狙いにくいモンスター・疲労という概念がない古龍に対してはハンマーのメリットは薄いので、他の武器に変更したほうが結果的に良かったというシーンもゲームを進めると出てくるかもしれません。

注意ポイントとしてパーティープレイでハンマーがいる場合、アッパー系で味方を空中にふっ飛ばしてしまうので基本的に頭部はハンマーに譲るのがポイントです。

ハンマーの基本アクション操作

ボタンアクション
△通常攻撃
○叩きつけ
R2(溜め可)溜め攻撃

溜め攻撃

ハンマーの基本攻撃はかなりシンプルです。

R2で出すことができる「溜め攻撃」を交えることで攻撃のバリエーションを増やすことが可能。

溜め攻撃は3段階あります。

溜め1
「溜め振り回し」→溜め返し振り

溜め2
「溜めアッパー」

溜め3
「溜め回転振り」

どの攻撃も△○のコンボ攻撃に繋ぐことができます。

ただモンハンワールド(MHW)では「溜め攻撃」より「力溜め」のほうが優れているので基本的には「力溜め」からの攻撃を優先していくのがオススメです。

力溜め

攻撃力と気絶値の増加に加えて、スーパーアーマー(のけぞり無効)が付与されるハンマーの新モーション「力溜め」です。

さらに「溜め2」と「溜め3」のモーションも溜め攻撃とは異なり(↓)のように変化します。

力溜め2
「溜め強アッパー」

力溜め3
「溜め強叩きつけ」

この中でも「溜め強叩き付け」は3段ヒットで破壊的なダメージを与えることができます。

また力溜めは通常の「溜め」と違って回避でキャンセルされません。

ハンマーのおすすめコンボ

基本コンボ(定点攻撃時)

縦振りⅠ→縦振りⅡ→アッパー
△連打】

基本コンボ(隙が少ない時)

溜め→力溜め(3段階)→溜め強叩きつけ
R2○△(スティック押さず)】

基本コンボ(隙が大きい時)

溜め→力溜め(1段階)→回転攻撃→回転返し振り
R2○△△

基本コンボ(距離を詰めたい時)

力溜め(2段階)→(溜め強アッパー)
R2△

基本コンボ(非常に隙が大きい時)

溜め→力溜め(1段階)→回転攻撃→回転返し振り→叩きつけ
R2○△△○連打】
最後の叩きつけは全て当たらないとコンボが途切れます。

以上がモンハンワールド(MHW)のハンマーの使い方と特徴となります。

クラウド
ハンマーの立ち回りは基本的に頭を狙って殴るのみ!

そのためにもある程度の被弾は避けることができないですができるだけヒット・アンド・アウェイ方式でコツコツと頭を殴って気絶を狙いましょう!








モンハンワールド(MHW)完全攻略ガイド

MHWに関するさまざまな情報を日々更新中!
MHWについて知りたくなったらここをチェック!



FIFA18完全攻略ガイド

FIFA18に関するさまざまな情報を日々更新中!
FIFA18について知りたくなったらここをチェック!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。