[C]大阪市内のオススメお花見スポット 土佐稲荷神社

春のイベントといえばお花見です。
春らしく桜の綺麗な季節です。

お花見の名所は大阪市内に色々とあるんですがどこも混んでいるんですよね。

そんな中大阪市内でもファミリーで楽しめるお花見スポットに行ってきたので紹介します。

土佐稲荷神社とは

IMG 4689

土佐稲荷神社は江戸時代から親しまれている桜の名所なんですね。

江戸時代、土佐藩の大阪蔵屋敷に隣接する長堀川(現在の長堀通)鰹座橋のほとりに神社が祀られていました。
この神社に土佐藩第6代藩主、山内豊隆が、京都の伏見稲荷から稲荷大神を観請し、土佐稲荷神社としました。
以来、土佐藩邸、蔵屋敷の守護神として崇められ、山内家は参勤の際には必ず立ち寄り参拝するようになりました。

明治になって、廃藩置県後、藩営事業を継承した岩崎彌太郎がこの地を取得した後も、三菱の守護神として崇められました。

その後、郷社に列せられ広く「土佐稲荷」の呼称で親しまれるようになりました。

今では桜の時期になると夜桜が楽しめるイベントもあり人気を集めています。

家族連れに人気のお花見スポット

IMG 4690
土佐稲荷神社の境内の近くには大きめの公園もあり、滑り台などの遊具もあるのでファミリー層も気軽にお花見ができるスポットです。

また境内には数多くの屋台が並んでいるので手ぶらで行って食べ歩きしながらお花見を楽しむことが出来ますよ。

場所取りの時間帯

今回場所取りに行ったのが日曜の午前11時前。
それでもいい場所はすでに取られていました。

なので場所取りは10時前後に行ければ恐らくかなりいい席が取れるんじゃないでしょうか。

桜の木も多くとっても綺麗でしたよ。

大阪市営地下鉄の千日前線の西長堀駅近くになるのでアクセスも抜群!

ふらっと気軽に訪れることができるので大阪市内に行くことがあれば立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す