[C]WordPressのリビジョン機能の使い方

WordPressにリビジョンという便利な機能があるのをご存知でしょうか?

今回はリビジョンの基本的な使い方を紹介したいと思います。

リビジョンとは

WordPress のリビジョンシステムは、過去に更新した各投稿記事の内容を自動で保存してくれる機能です。
現在保存されている内容と過去に保存された内容でどこが変更・追加されたかが一目でわかり、クリック一つで過去の保存された内容に復元することができます。

いわゆるWordPressの管理画面内で書いた記事を「自動保存」してくれます。

なおかつ、誤って削除したり画面を閉じてしまった場合でもワンクリックで復元することが可能です。

ただリビジョンはWordPressのデフォルトでは無限に自動保存してしまうので基本的にはリビジョンを無効にするか制限する必要があります。

よかったらこちらの記事をどうぞ
[nlink url=”https://kumonomi.com/wordpress-revisi…how-to-customize/”]

では早速リビジョンを管理画面で表示される箇所を紹介します。
NewImage

WordPressにログインし、管理画面左メニューの「投稿」をクリックします。

NewImage

「投稿」をクリックすると、投稿一覧が表示されるのでリビジョンを確認したい投稿の「編集」をクリックします。

NewImage

「編集」をクリックすると投稿画面が表示されるので下の方にスクロールします。

NewImage

スクロールすると、保存されているリビジョンの一覧を確認することができます。

各リビジョンには更新した日時、あるいは自動保存された日時が表示されています。

たんまりリビジョンが溜まってますねw

NewImage

ここでもしリビジョンの枠が表示されていない場合上部にある「表示オプション」をクリック。

NewImage
展開された表示オプションでリビジョンにチェックを入れるとリビジョンの枠が表示されます。

NewImage

リビジョンの詳細を見る場合は「公開」枠にあるリビジョンの表示リンクをクリック。

表示をクリックすると各リビジョンの差分を確認することができます。

NewImage

上部にあるスライダーボタンで左に動かすと過去のリビジョンで保存された記事が表示されます。

右上にある「2つのリビジョンを比較」にチェックを入れるとよりわかりやすくなりますよ。

NewImage

背景が赤色にハイライトされている部分文字が削除された部分。
逆に背景が緑色にハイライトされている部分文字が追加された部分になります。

リビジョンで過去の記事を復元する

リビジョンで過去の記事を復元したい場合は復元したい記事を右側に表示させるようにスライダーを調節します。

NewImage

調節が完了したら右上にある「このリビジョンを復元」ボタンをクリックすると記事が復元されます。

以上がWordPressのリビジョン機能の使い方になります。

クラウド

リビジョンはデフォルトのままほっておくとデータが溜まってしまいサイトの表示遅くに影響してしまいます。

ですがせっかく書いた記事が何かの拍子に消えてしまうというリスクから解放されるのでリビジョンの管理とはうまく付き合っていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。