[C]Contact Form 7の設定でエラーメッセージが出た時の対処法

ABOUTこの記事をかいた人

大阪生まれ大阪育ちの生粋な関西人。30代でフロントエンジニアやってます。WEB系やサッカー・ゲームの話題・美味しくて安い居酒屋やハシゴ酒が大好き。気軽にフォローをポチッと押してね♪

Contact Form 7での設定を見直しているとエラーメッセージが表示されていたので気になって調べてみました。

Contact Form 7

今回紹介する方法でエラーメッセージは完全に表示されなくなったので同じようにContact Form 7の設定でエラーメッセージが表示された方は参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

Contact Form 7で表示されたエラーメッセージ

NewImage

エラーメッセージが表示されたのは「送信元」と「追加ヘッダー」で、下記のようなエラーメッセージが表示されています。

送信元
サイトのドメインに属していないメールアドレスが送信元に設定されています。

追加ヘッダー
不正なメールヘッダー項目があります。

それでは順番に正しい設定へ変更していきましょう。

送信元のエラーメッセージが出た場合の正しい設定方法

エラーメッセージの横にリンクがありますので開いてみると(↓)となっています。

メールタブの送信元項目に指定された値が、正しい形式のメールボックスではあるものの、そのメールアドレスがウェブサイトと同じドメインに属していない、という場合にこのタイプのエラーが表示されます。

本来であればここにはお問い合わせをしてきた人のメールアドレスが入ると思っちゃうんですよね。

ただプラグインの作者様としては

「お問い合わせのメールを送信したのはあなたのサイトなんだからあなたのサイトのドメインじゃないとおかしいのでは?」

と言ってるわけです。

じゃあなぜこの設定が正しいのかというもの書かれていました。

例えば、メールの送信元項目に “your-name@yahoo.com” と指定されていたとして、でも実際にはあなたのウェブサーバー(もちろん yahoo.com ではない)から送信されているのですから、中継するメールサーバーがそれを偽装アドレスと認識する可能性は十分大きいわけです。サイトと同じドメインのメールアドレスを使っていればそういう扱いを受けるリスクを小さくできます。

これはわかりやすく言うとこんな感じ。

お問い合わせのメール自体はあなたのメールサーバーを通るのに、もしあなたのサイトのドメインじゃないメールアドレスが送信元だと偽装メールと判断される可能性が高くなるよ?

そこで正しい設定方法なんですが送信元には自分のサイトドメインのメールアドレスを設定することになります。

当サイトだと(kumonomi.com)というドメインのメールアドレスですね。

実際に○○@kumonomi.comというメールアドレスにするとエラー表示はなくなりました。

追加ヘッダーのエラーメッセージが出た場合の正しい設定方法

「不正なメールヘッダー項目があります。」が表示された際は記述自体にミスがあります。

今回、追加ヘッダーに入力していたのがお問い合わせフォームから入力してもらうメールアドレスが出力されるコード(your-email)をそのまま設定していたのが原因でエラーメッセージが出ていました。

それを(↓)のように設定することでエラーメッセージが解消されます。

Reply-To: [your-email]

また追加ヘッダーには複数設定も可能です。

例えばCCやBCCなども設定可能です。

CCやBCCの場合は(↓)のように追加ヘッダーエリアに改行して設定可能です。

Reply-To: [your-email]
Cc: ○○@example.com
Bcc: ○○@example.com

以上がContact Form 7の設定でエラーメッセージが出た時の対処法でした。

クラウド
Contact Form 7は送信確認がなかったり、送信完了がなかったりと癖はありますが、素晴らしいプラグインになるのでぜひ設定は覚えておきましょう!








FIFA18完全攻略ガイド

FIFA18に関するさまざまな情報を日々更新中!
FIFA18について知りたくなったらここをチェック!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

大阪生まれ大阪育ちの生粋な関西人。30代でフロントエンジニアやってます。WEB系やサッカー・ゲームの話題・美味しくて安い居酒屋やハシゴ酒が大好き。気軽にフォローをポチッと押してね♪