Amazonチャージ 1000ポイントキャンペーン

【ジェントス EX-109D レビュー】明るさ最大1000ルーメン&Amazon限定のLEDランタン


ジェントスのLEDランタンはキャンプ初心者におすすめだと確信しているくらパパ( @Cloud_san99)です。


明るさがLEDランタンを選ぶひとつの目安になっていて、ルーメナーのような1000ルーメン以上の光量があるランタンやライトが昨今では人気になっています。

https://kumonomi.com/wp-content/uploads/2019/04/kurapapa-smile02-e1554296828938.jpg

くらパパ

キャンプで光が薄暗いと不便だし、不安になりますもんね。


そこで今回は最大1000ルーメンあるおすすめなLEDランタン「ジェントス EX-109D」について書きたいと思います。

ジェントス EX-109Dのスペック

ジェントス EX-109Dのスペック


ジェントス EX-109Dのスペックは下記の通りです。

  • 使用光源:高輝度チップタイプ白色LED×2灯、高輝度チップタイプ暖色LED×1灯
  • 明るさ(約):1000ルーメン(白色モード最強時)、850ルーメン(昼白色モード最強時)、450ルーメン(暖色モード最強時)
  • 単1形アルカリ電池×3本
  • 点灯時間(約):白色モード【11時間(強)/ 95時間(弱)】、昼白色モード【15時間(強)/ 155時間(弱)】、暖色モード【25時間(強)/ 240時間(弱)】、キャンドルモード【220時間】
  • 保護等級:耐塵・防滴仕様(IP64準拠)
  • 本体サイズ(約):直径93.6×185mm
  • 本体質量(約):816g(電池含む)


ジェントス EX-109DAmazon.co.jp限定で高スペックなのに価格が5,000円を切るコスパの高いLEDランタンです。


本体サイズは直径93.6×185mmとペットボトル程の大きさなので積載量を圧迫することもありません。


ただ重さは816gと多少どっしり。


そのためメインテーブル用のランタンか、光量が大きいのを活かして虫寄せ用のサブランタンとして使うのがおすすめです。

ジェントス EX-109Dの電源は単1電池が3本必要


電源は単1電池が3本必要で底面のカバーを外して電池を装着します。


画像のように『背景赤に白抜きの矢印シール』が底面のカバーにも付いているのであわせて締めると簡単に蓋を締めることができますよ。

ジェントス EX-109Dの特長

ジェントス EX-109Dの特長


ジェントスのエクスプローラーシリーズであるEX-109Dの特長を紹介していきます。

MEMO


エクスプローラーシリーズとはアウトドアや災害時などに幅広く活躍するジェントスのLEDランタンシリーズを指します。

ジェントス EX-109Dの明るさは最大1000ルーメン

ジェントス EX-109Dは最大1000ルーメン


最大1000ルーメンなのがジェントス EX-109Dの最大の特長。


点灯させるとまともに見ることができないほど「眩しい!」です。

https://kumonomi.com/wp-content/uploads/2019/04/kurapapa-smile01-e1554296632153.jpg

くらパパ

夜だとこれひとつあるだけで安心感が違いますね。

ジェントス EX-109Dは光の色と光量が変えられる調色・調光機能付き


光の色は【白色・昼白色・暖色】と3つの色に変更でき。光量は真ん中のスイッチを長押しすることで【無段階】に切り替えができます。

ジェントス EX-109Dの白色


こちらは白色モードで一般的なLEDランタンの色になります。

ジェントス EX-109Dの昼白色


こちらが昼白色。


キャンプではあまり使わない色ですが停電や災害時等は昼白色のほうがくっきり見えるのでいざという時に便利ですね。

ジェントス EX-109Dの暖色


暖色は最も気に入っている色で、キャンプの雰囲気をよくしてくれますし、食事を照らすとグッと美味しく見せてくれます。


さらに暖色にはロウソクの炎のようにゆらめきを演出してくれる「キャンドルモード」も搭載。

https://kumonomi.com/wp-content/uploads/2019/04/kurapapa-smile02-e1554296828938.jpg

くらパパ

実際のロウソクが灯っているようなゆらめきなので雰囲気抜群!

ジェントス EX-109Dのスイッチ


EX-109Dは『白色モード(強)→昼白色モード(強)→暖色モード(強)→キャンドルモード』と真ん中のスイッチを押す毎に点灯モードが切り替わります。


調光を弱めるには点灯状態でスイッチを長押しすると徐々に弱まり、スイッチを離すことで調整することができます。

https://kumonomi.com/wp-content/uploads/2019/04/kurapapa-smile01-e1554296632153.jpg

くらパパ

スイッチ長押しで弱めていき光が点滅すると最弱のサインだよ。


ただ強から弱の差があまりなく、弱でも眩しい、そのため薄暗い明るさにできないのが多少マイナスポイントですね。

ジェントス EX-109Dは点灯時間が最大240時間

ジェントス EX-109Dは点灯時間が最大240時間


特筆すべきは点灯時間が最大240時間という点。


例えば暖色の強なら約25時間(1日弱)、弱なら約240時間(10日)、キャンドルモードでも約220時間(9日弱)と長持ち。


そのため1泊のキャンプだけでなく2日や3日連泊のキャンプでも十分活躍してくれますね。

ジェントス EX-109Dはハンドルやフック付きでそのまま&逆さまに吊るせる

ジェントス EX-109Dのハンドル


ランタン本体には持ち運びやタープなどにひっかけるハンドルが搭載。

https://kumonomi.com/wp-content/uploads/2019/04/kurapapa-smile01-e1554296632153.jpg

くらパパ

ハンドルはラバー仕様で傷も付きにくいですよ。

ジェントス EX-109Dの底面フック


本体の底面にもフックが付いているので逆さまに吊るすことができます。

ジェントス EX-109Dはランタンカバーの取り外しが簡単


またランタンカバーもねじるだけで簡単に取り外し可能。


取り外したまま逆さまに吊るすと影ができることもなく光が全面に行き渡ります。

ジェントス EX-109Dは耐塵・防滴・1m落下耐久

ジェントス EX-109Dは耐塵・防滴・1m落下耐久


保護等級はIP64なので内部に埃が入り込むこともなく、ちょっとした雨や水しぶきなんかにも耐えることができます。


また1mの高さから落下させても耐えることができるので「テーブルから落としてしまった!」ということがあっても安心。

【ジェントス EX-109D レビュー】明るさ最大1000ルーメン&Amazon限定のLEDランタンまとめ

【ジェントス EX-109D レビュー】明るさ最大1000ルーメン&Amazon限定のLEDランタンまとめ


この記事では【ジェントス EX-109D レビュー】明るさ最大1000ルーメン&Amazon限定のLEDランタンについて書きました。


ジェントス EX-109DはAmazon限定ということだけあって、光量は高スペック、調色も白色・昼白色・暖色の切り替えもでき点灯時間も最大240時間と長持ち。


アウトドアに必須の耐塵・防滴性能もあり吊るすためのフックやハンドルも搭載されており、全体的にバランスの取れたおすすめのLEDランタンです。

ではでは、いいキャンプライフを。くらパパ( @Cloud_san99)でした。