Amazonチャージ 1000ポイントキャンペーン

【ジェントス EX-1977IS レビュー】ソロキャンプにおすすめの超軽量LEDランタン

ジェントスのLEDランタンはリーズナブルでおすすめだと思っているくらパパ( @Cloud_san99)です。 LEDランタンといえば明るさの目安であるルーメンに目がいきがちですが、実は重量もとっても大事なんです。 キャンプに持っていく積載量が軽くなるのに加え、軽いLEDランタンだとテント内でも安心・安全に使うことができます。 そんなわけで、ジェントスの製品の中で最も軽量なLEDランタンのひとつであるジェントス EX-1977ISについて書きたいと思います。

ジェントス EX-1977ISのスペック

ジェントスEX-1977ISのスペック
ジェントス EX-1977ISのスペックは以下の通りです。
  • 使用光源:高輝度チップタイプ暖色LED×1灯
  • 明るさ(約):100ルーメン(Highモード)
  • 単3形アルカリ電池×4本(エネループ使用可能)
  • 点灯時間(約):Highモード【12時間】、Ecoモード【36時間】、SOSパターン点滅モード【24時間】
  • 保護等級:防滴仕様(IPX4準拠)
  • 本体サイズ(約):直径59×132mm
  • 本体質量(約):244g(電池含む)
  • 付属品:テスト用単3電池×4本
  • JANコード:4950654032512
ジェントス EX-1977IS244gと超軽量からも想像できるようにかなりサイズの小さいLEDランタンです。
本体サイズは59×132mmと手のひらに乗るほどのスモールサイズ
本体サイズは59×132mmと手のひらに乗るほどのスモールサイズ。 そのためファミリーキャンプであればメインランタンやサブランタンとして使うのではなくテント内のランタンとして使うのがおすすめです。

電源は単3電池4本(エネループ可能)

電源は単3電池4本(エネループ可能)
LEDランタンだと単1電池が電源というのが多いのが現状ですがEX-1977ISの電源はアルカリの単3電池が4本。
https://kumonomi.com/wp-content/uploads/2019/04/kurapapa-smile02-e1554296828938.jpg
くらパパ
わざわざLEDランタンのために単1電池を買わなくてもいいのがありがたい!
付属品で単三電池が4本付いてくる
また画像のように購入すると付属品で単3電池が4本付いてくるのですぐに使うことができます。 ただテスト用電池なので長時間使う場合は別で単3電池を用意しておくのがオススメです。
https://kumonomi.com/wp-content/uploads/2019/04/kurapapa-smile03-e1554297111913.jpg
くらパパ
エネループに対応しているのもポイント高い!
閉じる時は蓋と本体の矢印を合わせてねじり締めるだけとコツも要らず簡単
電池はランタンの底面の蓋をねじることで取り外しでき装着します。 閉じる時は蓋と本体の矢印を合わせてねじり締めるだけとコツも要らず簡単。

ジェントス EX-1977ISの操作方法

ジェントスEX-1977ISの操作方法
電球色は暖色のみながらも真ん中にあるスイッチを3秒以内に押す度にHigh・Low・SOS点滅と点灯モードの切り替えが可能。 さらにどの点灯モードからでも一発で消灯することができるインスタントオフスイッチ機能も搭載されている親切設計。 ジェントス EX-1977ISはシンプルながらも使いやすさを追求されたLEDランタンです。

ジェントス EX-1977ISの特長

ジェントスEX-1977ISの特長
ジェントス EX-1977ISは244gという圧倒的な重量の軽さを活かした逆さ吊りができるのが特長です。

重量が244gと超軽量

3歳の女の子でも軽々持てる
重量が244gということでわが娘【3歳の女の子】に持たせてみましたが片手で軽々と持てます。
https://kumonomi.com/wp-content/uploads/2019/04/kurapapa-smile02-e1554296828938.jpg
くらパパ
わが子はめっちゃ喜んでいましたよ。
小さいお子さんにも初めてのランタンとしてプレゼントするのもいいかも。 また例えばバイクでソロキャンプといったシーンで大活躍。 積載量に限りがある中で重量も軽く、電球も薄暗い明るさなのでまったりした雰囲気を出すのも使えますよ。

逆さ吊りができるのでテント内ランタンにおすすめ

ジェントスEX-1977ISの持ちやすいハンドル
ジェントス EX-1977ISは持ちやすいハンドルがあるのでテントやタープに簡単に引っ掛けることができます。
テントやタープに簡単に引っ掛けれる
重量も軽いのでテントがたわむこともありませんよ。
カバーを外して逆さ吊りも
さらにカバーを外して逆さ吊りも楽チン。
ビルトインフック
ビルトインフック、いわゆる『折りたたみのフック』が底面に付いています。
普通、ランタンを吊るすと真下が真っ暗になるところが、逆さ吊りなら下に影ができずまんべんなくテント内に明かりを行き渡らせることができるんです。

MEMO

ちなみにガソリンランタンやガスランタンは逆さ吊りはできません。

明るさ100ルーメンで点灯時間がHigh(12時間)と短い

残念ポイントは100ルーメンなので昼間のような明るさはなく、その割に点灯時間が12時間と短いこと。 言い換えるとテントで一泊使うぐらいがちょうどいいランタンです。
https://kumonomi.com/wp-content/uploads/2019/04/kurapapa-smile01-e1554296632153.jpg
くらパパ
キャンプ連泊だと厳しいけど、エネループを含め手に入りやすい単3電池のストックがあれば連泊でも十分使えますよ。

ジェントスEX-1977IS レビューまとめ

この記事は「【ジェントスEX-1977IS レビュー】ソロキャンプにおすすめの超軽量LEDランタン」について書きました。 ジェントスEX-1977ISは超軽量と軽く小ぶりなのでソロキャンプはもちろんのこと、小さい子供連れのファミリーキャンプにもぴったりなLEDランタンです。
https://kumonomi.com/wp-content/uploads/2019/04/kurapapa-smile02-e1554296828938.jpg
くらパパ
メインやサブランタンを持っている方のテント内専用ランタンとしてぴったりですね。
ではでは、いいキャンプライフを。くらパパ( @Cloud_san99 )でした。