【期間限定 12/3-12/14】Amazonギフト券チャージで最大3%ポイント!

ジェントス LEDランタンの歴代モデル徹底比較

ジェントス 全LEDランタン比較表 ファミリーキャンプにおすすめのランタンが探せます

LEDランタンがファミリーキャンプでは一番安全だと思っているくらパパ( @Cloud_san99)です。

ファミリーでキャンプする場合、ランタンは夜を快適に過ごすためには欠かせないキャンプアイテムのひとつです。

以前からガスやガソリンランタンはありますが近年、テント内で使用時に火事や一酸化炭素中毒になる危険性があることからLEDランタンが人気なんですよね。

そんなわけで今回はLEDランタンでコストパフォーマンスに定評があるジェントスのランタン全15商品を徹底比較しました。

流し読み用もくじ

ジェントス【GENTOS】とは

出典:GENTOS
ジェントス【GENTOS】とは

ジェントス(GENTOS)は、1978年創業の日本の懐中電灯メーカーとして始まり、今では日本でトップシェアを誇るLEDライトメーカーなんです。

LEDライトの他にデスクライトやフラッシュライト・ヘッドライトも製造しています。

特にジェントスのLEDランタンは照射能力にも耐久性にも優れていてアウトドアとの相性抜群!

そのためアウトドア用LEDランタンの人気メーカーになります。

ジェントス 全LEDランタン比較表

このジェントスの『全LEDランタン比較表』では特長のある数値を太字にしています。

ジェントスのLEDランタン選びの参考にしてみてくださいね。

  • 最大1,000ルーメン以上
  • 最大点灯時間300時間以上
商品名モデル明るさ(ルーメン)最大ルーメン電球色点灯時間(単位:時間)最大点灯時間(単位:時間)電源保護等級本体サイズ(mm)本体重量(g)
EX-1300D
EX-1300D
2019白色/1300ルーメン
昼白色/660ルーメン
暖色/600ルーメン
1300白色&昼白色&暖色白色(強/7時間、弱/260時間)
昼白色(強/16時間、弱/350時間)
暖色(強/16時間、弱/350時間)
キャンドル/300時間
350単1形電池×4本IPX4102.4×246mm1220
EX-109D
EX-109D
(Amazon.co.jp限定)
20191000~120ルーメン1000白色&昼白色&暖色白色(強/11時間、弱/95時間)
昼白色(強/15時間、弱/155時間)
暖色(強/25時間、弱/240時間)
キャンドル/220時間
240単1形電池×3本IP6493.6×185mm430
EX-036D
EX-036D
2019白色/450ルーメン
昼白色/260ルーメン
暖色/210ルーメン
450白色&昼白色&暖色白色(強/18時間、弱/128時間)
昼白色(強/34時間、弱/225時間)
暖色(強/39時間、弱/255時間)
キャンドル/80時間
225単3形電池×6本IPX473×158mm400
EX-400F
EX-400F
2018暖色/400ルーメン400暖色のみ約30時間(強)
約200時間(弱)
約200時間(キャンドル)
200単1形電池×3本IPX4101.5×203.0mm761
EX-V777D
EX-V777D
2018High/360ルーメン
Eco/150ルーメン
360暖色のみHigh/27時間
Eco/78時間
78単1形電池×3本IP64W102.4×H184.1×D87.3mm802
EX-136S
EX-136S
2017High/370ルーメン
Mid/160ルーメン
Eco/20ルーメン
370暖色のみHigh/9時間
Mid/18時間
Eco/142時間
キャンドルモード/60時間
142単3形電池×6本IP6778×141.5mm355
EX-234D
EX-234D
2017CW+WW/300~25ルーメン
CW/180~10ルーメン
WW/140~10ルーメン
370白色&昼白色&暖色CW+WW/8~58時間
CW/16~100時間
WW/16~105時間
キャンドルモード/75時間
105単3形電池×4本IP6864.4×66×144.4mm330
EX-964DL
EX-964DL
2017High/400ルーメン
Mid/150ルーメン
Eco/20ルーメン
400暖色のみC5時間(Highモード)
11時間(Midモード)
40時間(Ecoモード)
27時間(キャンドルモード)
40手回しかmicroUSB充電IP6487.3×217.0mm515
EX-1000C
EX-1000C
2015WHITE/1000ルーメン
COOL/540ルーメン
WARM/400ルーメン
1000白色&昼白色&暖色WHITE/5.5~250時間
COOL/11~300時間
WARM/11~300時間
キャンドルモード/30時間
300単1形電池×4本IPX4129×246mm1255
EX-000R
EX-000R
2015白色/1000ルーメン
昼白色/700ルーメン
暖色/450ルーメン
1000白色&昼白色&暖色白色/3~200時間
昼白色/6~250時間
暖色/7.5~300時間
キャンドルモード/150時間
300単1形電池×3本かUSB充電IP68102.2×189mm680
SOL-016B
SOL-016B
2014600ルーメン600暖色のみHi/40時間
Mid/80時間
Low/500時間以上
キャンドルモード/450時間
500単1形電池×6本IPX4122×240mm1650
SOL-013C
SOL-013C
2014530ルーメン530白色&昼白色&暖色Hi(昼白色)/20時間
Hi(白色)/38時間
Hi(暖色)/40時間
Low(昼白色)/330時間
Low(白色)/360時間
Low(暖色)/350時間
キャンドルモード/180時間
360単1形電池×3本IPX498×188mm830
SOL-036C
SOL-036C
2014380ルーメン380白色&昼白色&暖色Hi(白色)/14時間
Hi(昼白色)/24時間
Hi(暖色)/28時間
Low(白色)/110時間
Low(昼白色)/140時間
Low(暖色)/150時間
キャンドルモード/90時間
150単3形電池×6本IPX473×158mm400
EX-1977IS
EX-1977IS
2012100ルーメン100暖色のみHigh/12時間
Low/36時間
SOS点滅/24時間
36単3形電池×4本IPX459×132mm244
EX-777XP
EX-777XP
2007280ルーメン280白色&暖色Highモード72時間
Lowモード144時間
144単1形電池×3本IPX484×185㎜817

1000ルーメン(明るさ)以上あるおすすめのジェントスLEDランタン

1000ルーメン(明るさ)以上のLEDランタンはキャンプ時、タープ下のリビング空間、または食事を楽しむメインテーブルに置くためのメインランタンとしての使用がおすすめです。

そんなメインランタンとして使用できるおすすめのジェントスLEDランタンを紹介します。

MEMO
ルーメンとは放たれる光量の数値でパワーとして表されます。

ランタンで言うと光源そのものの明るさを意味していてルーメンの数値が大きいほど明るいランタンなんです。

くらパパ

メインランタンが欲しいなら1000ルーメン以上のLEDランタンを選べば間違いない!

ジェントス EX-1300D

ジェントス EX-1300D

ジェントス EX-1300Dのおすすめポイント

特筆すべきは1300ルーメンというジェントス製品の中で最高クラスを誇る光量の大きさ。

さらに点灯時に電池残量を教えてくれるバッテリーインジケーター機能も搭載されています。

くらパパ

電池がいつ切れるか予測がつくから安心ですね。

これひとつでメインランタンの役目をなんなくこなしてしまうほど。

買っておいて損はないおすすめのLEDランタンです。

ジェントス EX-1300Dの口コミ・レビュー

最大1300ルーメンはかなり明るいです。
下からの光を上部ミラーで拡散、という照らし方です。真上と真下以外はかなり明るくなります。

LEDランタンのお約束ですが、ランタン内部下部にある光源は光量最低でも直視できないほど明るい。LEDランタンの唯一の欠点ですね。
同じ目線より下に置くと光源が眩しすぎて目が痛くなります、目を刺すような、目に焼きつく眩しさです。ですので基本的に目線より高い場所でしか使えません。

しかしそれを補って余りある高性能ですので、ファミリーキャンプ主体だとこれしかないってほど優秀です。

出典:Amazon.co.jp

ガソリンランタンと非常に悩みましたが、明るさと光色切替で決めました。
直視出来ないほど明るいです。
キャンドルモードでは明る過ぎず光がユラユラと見えて楽しいです。
停電時などでは、とても重宝すること間違いないです。

出典:Amazon.co.jp

ジェントス EX-1300Dは口コミでも1300ルーメンはかなり明るいようでどちらかというとタープに吊るして使うのがおすすめのようです。

またキャンドルモードは直視できないということもなく明るすぎずゆらゆらと見えてキャンプの雰囲気作りのためにいい仕事をしてくれると思います。

ジェントス EX-109D

ジェントス EX-109D

ジェントス EX-109Dのおすすめポイント

Amazon.co.jp限定のジェントス EX-109Dは最大1000ルーメンの明るさとメインランタンとして充分活躍できます。

またEX-1300Dと比較しても重さが430gと非常に軽いので持ち運びしやすいのも特長です。

ジェントス EX-109Dの口コミ・レビュー

キャンプ用と防災用に購入しました。ジェントスのランタンシリーズは他にも持っているのですが、Amazon限定にひかれて購入を決めました。3色切替で使用用途によって使い分けが出来るので大変便利です。後、白色は明るい!他の2色も明るいです。買って良かった。

出典:Amazon.co.jp

いくつかGENTOSのランタンは持っていますが、1000ルーメンに魅かれて購入しました。単一3個仕様とちょっと大きいので、持ち出すより家の中で吊り下げて使用する事になるでしょう。まずアマゾン製単一アルカリ電池を使って、約2時間半白色(強)で使ってみましたが、とても明るいですね。単一スペーサーを使い(使用上の注意で単一アルカリのみ、スペーサーは使わないでとあるので自己責任です)30分単三エネループでも使ってみましたが、これでも明るさには満足しました。
2時間半使った単一電池は、40度をちょっと超えるぐらい、30分使った単三エネループは35度ぐらいになっていました。購入前は6個仕様ではなく、単一電池3個仕様なのでEX-777XPとあまり違わないかもと思いましたが、本当に明るかったです。家で使うなら単一仕様の方が、スペーサーを組み合わせていろんな電池が使えるのもいいですね。自分はこのランタンには明るさだけ求めているのでほぼ触る事無いですが、ちゃんと調色、調光ができるのもいいですね。もしタイムセールに登場したら、また購入したいと思います。

出典:Amazon.co.jp

どの口コミも明るさについて『明るい』という感想が多く、3色の切り替えが非常に便利のようです。

ジェントス EX-1000C

ジェントス EX-1000C

ジェントス EX-1000Cのおすすめポイント

特筆すべきは129×246mm・1255gというサイズ・重さと存在感。

どっしりとした見た目と存在感があるので大きいランタンが欲しい方にはおすすめです。

ジェントス EX-1000Cの口コミ・レビュー

家族キャンプのメインランタンとして使ってます。料理を作っている時には白色モード、食事の時には暖色モードと一台のランタンで済むところが気に入ってます。また、LEDなので小さい子供がいるファミリーも安全に使えますし、雨に濡れても問題無いところも良いところです。

ただ、他のレビューでも紹介されている通り、電池カバーのネジ部が壊れやすいといった点に要注意。ストッパー機構が無いので、ネジが締まり続けます。目で蓋が閉じたことを確認したら、ネジ締めをやめないと壊れます。この点以外には文句ありません。

出典:Amazon.co.jp

でかい(直径129ミリ、高さ246ミリ)。重い(1255g、しかも電池抜き)。しかし・・・・明るい!(1000ルーメン)。でも白色モード(1000ルーメン)、昼光色モード(540ルーメン)、暖色モード(400ルーメン)の切替式です。しかも明るさは調整出来、暗い方にすると最大250時間(白色モード)から300時間(昼光色モードと暖食モード)も持ちます。注意点として電池ケースの蓋のロックの場所がハッキリしないこと。これはこの会社のランタンの共通の弱点のようです。閉まったと思ったらそこで留めることですね。注意書きにもありますが、「絶対にLEDを直視しないこと」。しばらく目の前が見えなくなります。それぐらい明るい製品です。台風による大規模停電用に購入したのですが、最大300時間、つまり1日10時間使ったとして30日使えると言うのは大きなメリットでした。何しろいつ回復するのか解らないのが災害です。停電で真っ暗でしたので、明るいと気が滅入らなくて良いと思います。明るさもそれなりに大事な要素です。災害用ですから重さは気になりません。

出典:Amazon.co.jp

口コミではサイズが大きく重い。ただ明るさは抜群!という口コミが多いですね。

また電池ケースの蓋のロックの場所が壊れやすく閉めにくいという口コミもちらほら。

また他のジェントスのLEDランタンは逆さに吊るせるのが大多数ですがEX-1000Cは逆さに吊るせないのが残念ポイント。

ジェントス EX-000R

ジェントス EX-000R

ジェントス EX-000Rのおすすめポイント

電源はUSBによる充電か単1電池3本のどちらかを使うことができます。

1000ルーメンという高い光量に合わせて10m落下しても壊れないし、2mの防水・防塵なので耐久性も抜群。

さらにUSBの給電ポートがありUSB機器を充電できるモバイルバッテリーとしての機能もあり盛りだくさん。

キャンプだけでなく防災用としても持っていると安心感があるマルチな機能がおすすめポイントです。

ジェントス EX-000Rの口コミ・レビュー

キャンプのメインランタンとして購入。雰囲気を出そうと暖色系にすると、さすがにガスランタンには全く及びませんが、昼白色はかなり明るく、視認性はガスランタンに迫ると思います。
他のジェントスランタンのように、上の蓋を外して逆さ吊りができないので、星1つ減点しました。
あと、かなり明るいので、効率というより、周りの迷惑防止のために、Colemanのようなリフレクターがオプションであればいいですね。

出典:Amazon.co.jp

めっちゃくちゃ明るいです!
1000ルーメンフルに使うと3時間ちょっとしかもたないらしいので購入時は不安でしたが、フルでは全く使いませんでした(^^;)

フル充電して持ってって4日間使用(コールマンの分割ライトと併用してます)し、最後には携帯電話の充電もできました(フル充電ではないですが)
予備で電池持ってってましたが使いませんでした!

ボタン一個で操作するので不便な部分も有りますが、慣れれば全然大丈夫です
超オススメですよ(〃’▽’〃)

出典:Amazon.co.jp

点灯時間が長いおすすめのジェントスLEDランタン

点灯時間が長いランタンはファミリーキャンプで2泊以上のキャンプなんかにおすすめのランタンになります。

また停電が災害などの緊急時の使用にも安心して使える安心感がありますよね。

そんなわけでジェントスLEDランタンの中で点灯時間が最低でも約2週間つけっぱなしでも長持ちするLEDランタンを紹介します。

明かりの強さによって点灯時間が変わります。今回は最も弱い明かりでの点灯時間を基準にしているのでご注意ください。

ジェントス SOL-016B

ジェントス SOL-016B

ジェントスランタンの中ではSOL-016Bが最も長く明かりが長持ちします。

Lowでの点灯の場合だと驚異の最大500時間

約3週間つけっぱなしで使えるタフさは素晴らしい!

暖色のみの電球色だが最大ルーメン600なのも見逃せないポイントですね。

ジェントス SOL-016Bの口コミ・レビュー

同じジェントスのEX-136Sを使用していました。そちらも370ルーメンの明るさで充分快適でしたが、メインランタンとしてガスランタンに匹敵する明るさが欲しくて新たにこの商品を購入。

1番の魅力は温かみのある暖色で600ルーメンの明るさがある事。同じジェントスでもHIGHモードでは白色になってしまうもの等があり、他メーカーの商品も白色の明かりが多い中、この商品はしっかり暖色です。

実際に使用しましたが、やはりテントには暖かみのある暖色の明かりが似合います。大きさと重さはそれなりのものがありますが車移動のキャンプなら問題無いかと。
子供と一緒のキャンプにはとても重宝するアイテムです。

あえてアラを探すなら、LOWモードでもそれなりの明るさがあるため、常夜灯には適さないということぐらいです。
オススメです。

出典:Amazon.co.jp

コールマンのガソリンランタン(シングルマントル)からの乗り換えです。
明るさは、前のランタンと遜色無いので問題無くキャンプで活躍してくれています。
(ダブルマントルには敵わないと思います)
ホヤをつけてテーブルランタンとして、ホヤを外して吊り下げてテント内ライトとして活躍しています。

出典:Amazon.co.jp

ジェントス SOL-013C

ジェントス SOL-013C

最大530ルーメンで白色&昼白色&暖色と用途によって使い分けができるあなどれないLEDランタン。

本体サイズは98×188mmと小ぶりで持ち運びも楽チン。

単1電池が3本のみなのも見逃せないポイントです。

ジェントス SOL-013Cの口コミ・レビュー

夜間の釣り用に、と8月中旬に購入しました。
使う機会がなかったのですが、2018年9月5日の台風21号の近畿地方直撃により、我が家は12時間の停電。17時頃から夜中の2時頃まで明るさ最大で点灯しっ放しで使用。しかも附属のテスト電池使用でしたが、約9時間もの間、なんの問題も無く我が家のリビングを照らし続けました。直径73mm、高さ158mmとかなりミニサイズなので受け取り時に少々驚いたのですが、予想を裏切る使用感でした。テスト電池まで附属してのこのコストパフォーマンス、非常に良い買い物でした。強くオススメします。

出典:Amazon.co.jp

オートキャンプ場のレンタルで借りて気に入ったので購入しました。
ややお値段が高いようにも思えますが、安いランタンと光り方が違いますね。
光度が強くて、光の色味も良い感じです。
テント内で吊るすときにはカバーを外すと、広範囲に照らしてくれます。
光色の変え方はわかってしまえば簡単なのですが、説明書を読まないとわかりようがない点が、
ややユーザーフレンドリーではないようにも思えます。

出典:Amazon.co.jp

重量が軽いおすすめのジェントスLEDランタン

重量が軽いLEDランタンはコンパクトでサイズも小さめ。そのため最大ルーメンや点灯時間も比較的少ないのが特長。

ただ重量が軽いので子供でも気軽に持ち運べるのが大きいポイントですね。

家族でちょっと距離のある場所まで星や夜景を見に行ったりするのでも子供用のLEDランタンとして持たせることもできますよ。

ジェントス EX-1977IS

ジェントス EX-1977IS
ジェントス EX-1977ISはジェントスのLEDランタンの中で最も軽い244g!

244gといえば小さめのりんご1玉と同じ重さでサイズも59×132mmと小ぶりなランタンなので子供だけでも気軽に持ち運びできます。

最大ルーメンは100ルーメンで暖色のみのLEDランタンです。

ジェントス EX-1977ISの口コミ・レビュー

ジェントスの電池ランタンは前から愛用していて、丁寧とは言えない私の扱いでも壊れることなく5年ほど使い続けることができています。
今シーズンのキャンプに合わせ、この商品を選んでみました。持っているのは黒いランタンだったので、この赤っぽいアウトドア風は新鮮で好きです。明るさはこれ1つじゃキャンプは無理なのでこれくらいのランタンが2~3あると大丈夫だと思います。単3電池なのもポイントです。電池ランタンを複数用意するなら、電池の種類を揃えることをオススメします。

出典:Amazon.co.jp

・明るさは100ルーメンなので明るいです。(Highモードの時)
・小型軽量です。移動先でのキャンプなどにも最適。
・LEDなので省電力で火災等の恐れはないの安心して使用できます。
   ** 家の中で安心して使えます。**
・電池は単三電池でリーズナブル。
・エネループなど充電可能な単3タイプ(1.2V)の対応とのこと。
・点灯してのLEDの色味は暖色系の白色ですが白色が強すぎずほど良い色味です。
(いわゆるLEDの電球色かなぁ???)
逆に白色が強すぎると冷たく感じるのでキャンプ等には良いような気がしますョ。
・頭と底の両方にフックがあり色々なところに引っ掛けられる。テントのみならず家の中でも使用可能。
・ホヤ部分が外せるので底の部分のフックで簡易的な電球の代わりになる。
・High→Low→SOSパターン点滅と切り替えられますが、SOSパターン点滅は必要ないですね。
・電池を入れっぱなしにしていると液漏れ等でせっかくのランタンが台無しになり防災・減災時、
役に立たなくなりますのでご注意を。
・大きいランタンに比べたら置き場所に困らない。ちょうどよい大きさです。
・価格的にもう少し安価だともっとよかったですが。・・・
・キャンプ等のみならず自動車整備、室内室外の作業、防災・減災(自助、共助、公助)などなど
幅広く役に立てそうです。

出典:Amazon.co.jp

ジェントス EX-234D

ジェントス EX-234D

ジェントス EX-234DはEX-1977ISに次ぐトップクラスの330g。

さらにIP68という保護等級なので、細かなちりやホコリは完璧に防護されており、水没しても問題ないタフなLEDランタンです。

ジェントス EX-234Dの口コミ・レビュー

小型のLEDランタンを買うなら、間違いなくこれがおすすめです。超小型、ではありませんが、これだけの機能があるなら十分許容できる大きさです。
光量、広がりも良いので、安い大型のLEDランタンを買うくらいなら、こちらをおすすめします。もちろん防水仕様ですし。

以前は、ジェントス エクスプローラー EX-747SRを使ってましたが、7年使ってとうとう壊れてしまったので、買い替えました。
光量が素晴らしい。本当に明るいです。直視はまずできないくらい。
でも、ボタンの長押しで光量調整ができるので、雰囲気、用途に合わせて光量を調整できるからGoodです。
ボタンで発光の色が変えられるのも良いですね。白色、昼白色、暖色と。キャンプでは雰囲気も楽しみたいので、おまけみたいな機能ですが個人的には気に入っています。

出典:Amazon.co.jp

落としたり、水ポチャしたりのテストはしてませんが、スペック通りならGENTOSのLEDランタン中、今現在、最もバランスのとれたモデルだと思います。

非常用を念頭としたので、すごく明るいと言うよりも、そこそこの明るさと、点灯時間がそれなりで、かつ防水性もあり、入手しやすい単3電池4本というのが決め手です。
白色→暖色の切り替え(スイッチを次々に押していく)、光の強さの無段階調整について、操作性に問題ありません。
光の強さは、スイッチ長押しで無段階調整になるのですが、一番弱い光になった時に、点滅でお知らせ機能は分かりやすいです。

残念な点は、電池が満充電だとスイッチ部分がグリーンに光るのですが、弱い光に調整した時に、これが消えてしまい、暗闇でスイッチを手探りしないといけないところです。また欲を言えば、SOSモード(点滅)があると、より良かったように思います。
参考までに、充電系の電池(エネループではないですが)で、今のところ使えています。

出典:Amazon.co.jp

ジェントス EX-136S

ジェントス EX-136S

ジェントス EX-136Sの重さは355gと手軽に扱えるLEDランタン。

電球は暖色のみですが最大ルーメン370で最大点灯時間は142時間と軽さが特長のLEDランタンの中では長いですよ。

IP67なのでEX-234Dには若干劣りますがそれでも十分防塵防水されていますよ。

ジェントス EX-136Sの口コミ・レビュー

開封した瞬間に「小さっ!」と思わず発してしまうほどコンパクト。手のひらサイズです。
ただ、小さくても性能はすごかった。

実際にキャンプで使いましたが、同メーカーのジェントスのLEDランタン蛍光灯色1000ルーメンを持ってる友人がこの明るさに驚いていましたし、自分も1000ルーメンより明るく感じました。それもあってか、友人は「今度ランタン買うなら絶対これだな」と言ってました。
さすがにコールマンのガスランタンノーススター2500には敵いませんが、ガスランタンでサイト全体を照らし、テーブルなどはこれで十分です。電球色で夜のBBQの雰囲気を一層引き立ててくれます。

テントの中でも明るさ3段階で調整出来ますし、逆さに吊るしても影が出来ません。そして防水で耐落下2メートル対応。言うことなしです。
しいてあげれば、このスペックで明かりの色を変えられたら言うことなし、最強です。

出典:Amazon.co.jp

購入目的は非常時用途。
ランタンはEX-313CWを所有済みで大型の懐中電灯も数台用意してますが、台風や大雨等の災害の際には防水防塵の面で若干不安があり、IP67準拠&2m落下耐久という謳い文句に惹かれて購入しました。

皆さんのレビュー通り明るさは満足です。感覚的には30W程度の白熱電球位の明るさに感じました。ただこれ一つだと非常時の灯としては6畳程度の部屋が限界ですね。手持ちのEX-313CWと併用する事で我が家の15畳程度のリビング全体をそれなりの明るさに出来ました。暖色で落ち着く色ですが作業をするなら昼白色のEX-313CWの方が良いです。購入前は2台も要らないかなと思いましたが実際に使ってみると光色の違う2台を併用した方がより使い勝手が良いと感じました。

デザインもモダンで道具感を殆ど感じないので、普段の生活で部屋の電気を消してこれ1台の灯でまったり酒なんか飲みながら音楽聴いたり映画観たりなんてのも雰囲気あります。他の方のレビューを参考に普段はエネループ3本で運用、非常時は備蓄のアルカリ電池6本という体制で使っていこうと思います。ただ、非常時用途としては電池持ちが悪過ぎます。私は単三電池使用とか小型軽量とかにはメリットを感じませんので、今後は単1電池使用タイプもラインナップしてくれれば是非購入したいと思います。

ただ、Hiで使って消す時はmid・lo・ゆらぎ・消灯と4回もボタン押すのは正直面倒。これで星1個マイナス。EX-313CWの点灯後数秒以内の操作ならモード選択で、無操作で一定の秒数以降は単押しで消灯の方が使いやすいと思う。

出典:Amazon.co.jp

防災・停電時にも使えるおすすめのジェントスLEDランタン

台風・地震による停電のため暗い家の中で過ごすのはとっても不安ですよね。

万が一の防災用として使えるおすすめのジェントスLEDランタンを紹介します。

ジェントス EX-964DL

ジェントス EX-964DL
EX-964DLはmicroUSBで充電可能でほかの電子機器やスマホなどへ給電用USBポートを通じて給電することができるんです。

さらに収納式の充電ハンドルがあるので手回しで充電できることも特長です。

その他にも充電が必要な時などの充電状態を色で知らせてくれるインジケーター機能も搭載。

明るさは400ルーメン・点灯時間はHighモードで5時間、Ecoモードで40時間点灯できるという申し分ないスペックのランタンです。

ジェントス EX-964DLの口コミ・レビュー

一週間ちょっと出掛けて、数日のキャンプで使いました。初日は明るさもあり、テント全体を照らしてくれて良かったのですが、充電する手間があり、他の電子機器の充電を優先してしまい、いざキャンプで使おうとすると充電がなく使えず困った点が多々ありました。デイキャンプ以外は、電池式が良さそうです。重さも気になりました。テントの天井にフックで取り付けたのですが、テントの強度が気になり、テントが壊れないか不安に思ったぐらいの重さです。充電ハンドルもついていますが、頑張らないと充電がなかなかたまらない感じです。日帰りかつ、机のうえに置いて運用する使い方が良いですが、それ以外はつらいかなと思いました。

出典:Amazon.co.jp

残念な点は1点だけ。

充電の完了のタイミングが分からないこと。
説明書では、フル充電4時間と書いてあったが、まだ充電が残っている状態で充電を始めて、
4時間ほどたってもボタンの色が赤いままだった。

それ以外は、満足です。

出典:Amazon.co.jp

ジェントス EX-000R

ジェントス EX-000R

ジェントス EX-000RはEX-964DLをグレードアップしたパワーバンクランタン。

直視できないほど明るい1000ルーメン、光の色や光量を調節したり、給電ポートに繋いでUSB機器に給電もできる万能なランタンです。

ドラクエで言う賢者みたいな!?

さらに10m落下させても壊れない耐久性に加え耐塵や防水機能まであるから驚愕です。

防災用としてだけでなく普段のキャンプギアとしても十分に使えるLEDランタンですね。

ジェントス EX-000Rの口コミ・レビュー

キャンプのメインランタンとして購入。雰囲気を出そうと暖色系にすると、さすがにガスランタンには全く及びませんが、昼白色はかなり明るく、視認性はガスランタンに迫ると思います。
他のジェントスランタンのように、上の蓋を外して逆さ吊りができないので、星1つ減点しました。
あと、かなり明るいので、効率というより、周りの迷惑防止のために、Colemanのようなリフレクターがオプションであればいいですね。

出典:Amazon.co.jp

めっちゃくちゃ明るいです!
1000ルーメンフルに使うと3時間ちょっとしかもたないらしいので購入時は不安でしたが、フルでは全く使いませんでした(^^;)

フル充電して持ってって4日間使用(コールマンの分割ライトと併用してます)し、最後には携帯電話の充電もできました(フル充電ではないですが)
予備で電池持ってってましたが使いませんでした!

ボタン一個で操作するので不便な部分も有りますが、慣れれば全然大丈夫です
超オススメですよ(〃’▽’〃)

出典:Amazon.co.jp

2019年に発売されたおすすめのジェントスLEDランタン

2019年に発売されたジェントス LEDランタンは3商品になります。

この3商品についての詳細を記載しているので良かったらチェックしてみてくださいね。

ジェントス 全LEDランタン比較表まとめ

この記事ではジェントスで販売されている全LEDランタンを比較表としてまとめました。

ジェントスのLEDランタンはコスパもよく他社商品に比べて明るいことも多くおすすめできるLEDランタンです。

キャンプだけでなく防災や地震・停電などの緊急の災害時にも役立つのでぜひ家に1つは持っておきたいところですね。

ではでは、よいキャンプライフを。くらパパ( @Cloud_san99)でした。

点灯時間が長いおすすめのジェントスLEDランタン

重量が軽いおすすめのジェントスLEDランタン

防災・停電時にも使えるおすすめのジェントスLEDランタン

コメントを残す